大阪市西区やだクリニックの医師・設備紹介

初診受付はこちら

クリニック紹介

clinic

大阪市西区 やだクリニック院長からのご挨拶

大学卒業後、消化器外科医として約10年間を過ごした後に、内科に転科して更なる経験を積んでまいりました。外科的および内科的な視点から"身体の中で何が起こっているのか"を考え治療を進められるようになったことが、医師として大きな強みになりました。
外科医と内科医の双方の視点から、手術適応も含めた最良の治療プランをご提案し、地域医療に貢献できるように精一杯努めてまいります。必要と判断した場合には、高度医療機関へ速やかに紹介させて頂きます。
地域に根差した質の高い医療を提供するとともに、高度医療機関ともしっかりと連携することこそが「街のかかりつけ医」の役割であると考えております。

「患者さんの心に寄り添った医療を提供すること」を常に心がけ、患者さんのお話に
しっかりと耳を傾け、病状や治療方法について丁寧な説明を行い、
お一人おひとりにご満足いただける医療を提供できるように努力いたしますので、末永くよろしくお願い申し上げます。

院長矢田 智恵

経歴

平成6年
大阪医科大学卒業
大阪医科大学附属病院 一般・消化器外科
平成8年
済生会茨木病院 外科
平成9年
済生会吹田病院 外科
平成15年
湯野生和会病院(山口県周南市)
平成17年
大澤会 大澤クリニック 副院長(京都市中央区)
平成27年
夕陽ヶ丘いきいきクリニック 院長(大阪市天王寺区)
平成29年
慶生会クリニック大阪 院長(大阪市西区)
令和元年
やだクリニック 開院

資格等

  • 日本外科学会認定医
  • 日本医師会認定産業医

泌尿器科外来担当医副院長のご挨拶

この度、大阪市西区新町の地で新たに開業する本クリニックにおいて、泌尿器科外来を担当させていただくことになりました。
私は街の泌尿器科医である父の背中を見て育ち、自らも泌尿器科医師となり大学病院や総合病院での勤務を経た後、名古屋市にある泌尿器科専門病院である名古屋泌尿器科病院で約16年間、街の泌尿器科医として研鑽を積んで参りました。そして、たくさんの患者さんの訴えを聞き、診療にたずさわって参りました。
超高齢化社会に突入した我が国において、加齢とともに増加するおしっこの症状は性別に関わらず困りごとのひとつです。また健康診断で血尿を指摘されることも珍しくありませんが、時に血尿は腎臓がん、膀胱がん、前立腺がんなどのサインかもしれません。一方で泌尿器科受診に抵抗がある方々は多く、それ故か症状を年齢などのせいにして我慢しがちになります。当クリニックは患者さんの訴えや不安に充分に耳を傾け、その「敷居」を出来るだけ下げて、気軽に相談に来ていただけるような街のかかりつけ医を目指します。
身近な泌尿器科専門医として、皆さんの健康的な生活のためにお役に立てれば、これほど幸せなことはありません。
どうぞ、お気軽にご相談ください。

副院長矢田 康文

大阪市西区 やだクリニックの施設紹介

大阪市西区のやだクリニックの院内は、
全てバリアフリーで車椅子の方にも安心してご来院いただけます。
腹部・頸動脈・甲状腺の検査に用いる超音波診断装置や血管年齢測定装置なども導入しています。

pagetop